プロスパス(アナバー)通販最安値・個人輸入価格

販売価格 送料
オオサカ堂 3,247円 無料
ベストケンコー 3,980円 無料
メデマート 4,520円 1,000円
あんしん通販マート 5,480円 700円
薬の通販オンライン 5,700円 700円
アスケイン 6,980円 500円
ガルショップ 8,150円 1,000円

※為替レートなどによって販売価格は変更となることがあります。

オオサカ堂でプロスパス(プロバンサイン)を購入するのが一番お得!

プロスパス(プロバンサインジェネリック)は「オオサカ堂」という通販サイトで購入するのが最もお買い得。1本100錠を2,400円ほどで購入できます。1錠あたり24円ほどで買えるのでまさに激安価格です。

オオサカ堂は送料無料のため、プロスパスの商品代金以外の支払いは不要です。

プロスパスについて、オオサカ堂には500件以上のレビューがあります。ほとんどの人が商品に満足しているので偽物の心配はありません。安心してお買い求めください。

プロスパスをオオサカ堂で格安購入する

プロスパスの口コミ評判・評価レビュー【2ch・5ch・Twitter】

2chユーザー

心配になるほど汗が止まります。不思議ですね。暑さもさほど感じません。効果の持続時間は3~5時間ぐらいです。

2chユーザー

個人差があるようですが、私にはものすごく効果がありました。30℃を超える真夏日でも汗をかきません。副作用は喉の乾きがあります。

2chユーザー

びっくりするほど本当に効きます。長年、顔と頭からの汗に悩んでいましたが、嘘のようにピタッと止まります。2錠飲むとさらに効果アップです。暑すぎるとさすがに汗をかきますが、涼むとすぐに止まります。

2chユーザー

効果がある時とない時があります。体調によるのかもしれません。効かない日でも、飲んでない時と比べたらずっとましですけどね。

2chユーザー

汗っかきで長年悩んでいましたが、プロスパスを1錠飲むと1時間ほどで汗がひいていきます。夏の必須アイテムです。

2chユーザー

プロスパスは食前1時間前までに飲むと効果があります。食後に飲むと効き目がぐんと落ちます。副作用の喉の乾きは我慢できるレベルなので、もう手放せません。

Twitterユーザー

空腹時に飲んだらびっくりするほど汗が止まりました。その分、喉や目もかなり乾いてしまいました。服用量は体調や個人差を考慮して調整したほうがよさげです。

Twitterユーザー

接客業をしているのでプロスパスは必須アイテム。特に夏場はこれがないと仕事に集中できません。以前は汗が気になってミスが多かったのですが、プロスパスのおかげでだいぶ改善しました。

Twitterユーザー

多汗症の彼女のためにプロスパスを買いました。飲んで数時間で汗がぴたっと止まりました。汗でびしょびしょだった髪もサラサラに。副作用も気にならない程度だそうです。

Twitterユーザー

緊張すると汗が大量にでてしまう体質です。プロスパスを1錠飲むと1時間ほどで汗が止まるので、人前で話す時などに使っています。ただ喉が乾くので水分補給はこまめにしています。

Twitterユーザー

夏には欠かせないアイテム。先発薬のプロバンサインと効果は変わりません。プロスパスの方がずいぶん安いので助かっています。今後もリピートしていくと思います。

プロスパス(プロバンサイン)とは?

プロスパス(プロバンサイン)は、腹痛、不快感、腹部膨満感などの症状を和らげるために、過敏性大腸炎、痙攣性大腸炎、胃粘膜炎、急性下痢、機能性胃腸障害など、さまざまな形の過敏性腸症候群の治療に使用されます。消化性潰瘍(胃および十二指腸)のための過敏性腸疾患の一形態である潰瘍性大腸炎のような筋けいれんを特徴とする胃腸障害の補助治療(一次治療を補助するため)にも使用されます。

プロスパスの他の用途には腎臓結石の治療が含まれます。これは腎臓結石の通過による筋肉のけいれんによって引き起こされる痛みです。

また、プロスパスは多汗症(過度の発汗)および不随意排尿(夜尿症)の治療にも使用されます。

プロスパス(プロバンサイン)の効果・作用機序

プロスパスには、抗コリン作用を持つ抗ムスカリン剤のプロパンテリンが含まれています。つまり、アセチルコリン受容体を遮断します。アセチルコリンは神経伝達物質(神経細胞が伝達することを可能にする化学物質)で、不随意の平滑筋収縮を活性化することを含むいくつかの機能を持っています。

通常の条件下では、不随意の平滑筋収縮は、胃や腸を通して食物を押し出す収縮の波(蠕動)、および膀胱からの尿の通過の原因となります。腸の筋肉のけいれんは、過敏性腸疾患、炎症および潰瘍のような状態のために平滑筋収縮の正常な制御が失われると起こります。

プロスパスに含まれるプロパンテリン臭化物は、体のさまざまな部分の平滑筋のムスカリン受容体を遮断するため、アセチルコリン作用が遮断されます。プロパンテリンによるアセチルコリンの作用を遮断すると、平滑筋が弛緩し、胃、腸および膀胱の筋肉のけいれんが軽減され、腹痛、不快感、鼓脹、下痢、および過敏性腸疾患およびその他のいくつかの症状における筋肉のけいれんによる便秘などの症状が軽減されます。それは胃腸系に影響を与えます。

アセチルコリンは、汗、涙、胃の分泌などの体の分泌も調節します。プロパンテリンによってアセチルコリンの作用を遮断すると、これらの分泌物の産生が減少するので、この作用は多汗症(過度の発汗)および消化性潰瘍の治療に有用です。

胃腸筋痙攣の治療

プロスパス(プロバンサイン)には、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、消化性潰瘍、胆嚢炎(胆石による疼痛)、憩室炎(炎症性など)をはじめとするさまざまな疾患によって引き起こされる消化管系の不随意性筋痙攣の抑制に使用されるプロパンテリン臭化物が含まれています。

プロパンテリン臭化物は抗コリン作用を持つ抗ムスカリン薬で、アセチルコリンの受容体を遮断します。神経伝達物質(神経細胞との通信を可能にする化学物質)は、平滑筋収縮の活性化を含むいくつかの機能を持ちます。通常の条件下では、不随意の平滑筋収縮は、胃や腸を通して食物を押し出す収縮の波(蠕動)の原因となります。

腸の筋肉のけいれんは、過敏性腸疾患、炎症および潰瘍のような状態のために平滑筋収縮の正常な制御が失われたときに起こる。プロバンタン錠15mgのプロパンテラインは、胃や腸の平滑筋のムスカリン受容体を遮断するため、アセチルコリン作用が遮断されます。

プロパンテリンによってアセチルコリンの作用を遮断すると、平滑筋が弛緩して筋肉のけいれんを軽減し、腹痛、不快感、鼓脹、下痢および便秘などの症状を軽減することができます。

不本意な排尿(夜尿症)の治療

プロスパス(プロバンサイン)には、膀胱内の筋痙攣が膀胱からの尿の漏出や尿の通過の制御の喪失を引き起こす不随意排尿(遺尿症)を含むさまざまな状態で不随意筋痙攣を制御するために使用されるプロパンテリンが含まれています。

プロパンテリン臭化物は抗コリン作用を持つ抗ムスカリン剤で、アセチルコリンの受容体を遮断します。神経伝達物質(神経細胞との通信を可能にする化学物質)は、腸内の不随意平滑筋収縮の活性化を含みます。プロパンテリンによってアセチルコリンの作用を遮断すると、膀胱の平滑筋が弛緩し、筋肉のけいれんが減少し、膀胱からの制御不能な尿漏れが防止されます。

プロスパス(プロバンサイン)の副作用

プロスパス(プロバンサイン)錠15mgを服用するときに最も一般的に報告される副作用には以下が含まれます。

口の乾燥、嚥下困難、のどの渇き、吐き気、嘔吐、便秘、発汗の減少、瞳孔の拡張、光に対する感受性、眼圧の上昇、紅潮、皮膚の乾燥、排尿躊躇および停滞、徐脈(遅い心拍数)、頻脈(速い心拍数)、動悸および不整脈(不規則な心拍)

プロスパス(プロバンサイン)の飲み方・服用量

あなたは毎日3-4回コップ一杯の水であなたのプロスパスを15mg服用しなければなりません。あなたが服用する量とどのくらい頻繁にあなたが治療されているもの、あなたが経験するかもしれないどんな副作用とあなたの医者の推薦にもよります。

消化性潰瘍の場合は、プロバンタン錠15mgを1日2回食前に30分、就寝前に2錠服用してください。造影X線撮影の場合は、X線撮影の45分前にプロスパス(プロバンサイン) 2錠を服用してください。

用途によって服用量が異なるので、医師の指示を受けたうえで服用するようにしてください。

服用時の注意点

次のような場合は、プロスパスを服用しないでください。

  • プロパンテリンまたは他の抗コリン薬またはプロバンタンの成分にアレルギーがある
  • 妊娠中または授乳中
  • 消化管または尿路の閉塞性疾患がある
  • 逆流性食道炎または幽門狭窄症(胃からの出口の狭窄)を伴う裂孔ヘルニア
  • 重症筋無力症や緑内障などの筋力低下疾患がある
  • 重症心疾患または肺疾患、または甲状腺機能亢進症
  • 腎臓病または肝臓病
  • 重度の心臓の疾患がある

相互作用のある薬

制酸剤、抗コリン薬、抗コリン薬、モルヒネやコデインのようなオピオイド鎮痛薬、コルチコステロイド、シサプリド、ジゴキシン、ハロペリドール、メトクロプラミド、ネオスチグミン、フェノチアジン、抗ヒスタミン薬、三環系抗うつ薬、塩化カリウム

これらの薬は、プロバンチン錠15mgと相互作用するので、どちらかがあなたがプロバンチンを服用している間、または医師からの話し合いと指示の後にのみ服用されるべきです。

副作用を増加させるか、または深刻な反応を引き起こす可能性がある薬

キニジンのようなクラスI抗不整脈薬、モルヒネまたはコデインのようなオピオイド鎮痛薬、パーキンソン病のためのレボドパ、ネオスチグミン、フェノチアジン、抗ヒスタミン薬、塩化三環系抗うつ薬、三環系抗うつ薬特にワックスマトリックス製剤

参考文献

汗腺の機能的および構造的異常に基づく手の限局性多汗症の2人の患者

The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, Volume 84, Issue 8, 1 August 1999, Pages 2705–2711

14歳と30歳の女性が,身体活動や皮膚への軽い外傷などの異なる刺激により誘発された,それぞれ手背と手首の限局性多汗症を呈した。

ヨウ素-デンプン試験で境界明瞭な多汗症領域が認められた両患者の皮膚は一見正常であった。病理組織学的検査後,診断は両症例で片側限局性多汗症であった;1つは組織学的に正常で、もう1つは発汗母斑である。両患者はA型ボツリヌス毒素で治療に成功した。

30歳の女性は低用量プロパンテリン臭化物を定期的に追加使用し,この治療で長期寛解を経験した。多汗症は患者の学校や職業に支障をきたし、効果的な個別治療を行うことが重要である。

脊髄損傷に伴う多汗症の管理における臭化プロパンテリン

Ann Pharmacother. 1995 May;29(5):489-92.

目的:
プロパンテリン内服が脊髄損傷(シーシー)に関連した発汗に伴う不快感を軽減した2症例を報告し,SCI関連発汗の管理に関する文献をレビューした。

ケースの概要:
症例1:アメリカ脊髄損傷協会(アジア)FrankelクラスC損傷のC5/C6に対する27歳四肢麻痺男性が多量の発汗とプロパンテリン要求を経験した。彼は以前に薬物療法を受けたことがあり、プロパンテリン15mg、1日3回で発汗が抑制されたと報告した。臭化プロパンテリンを再投与したところ、24時間以内に大量の発汗のエピソードが数的にも頻度的にも著しく減少した。症例2は35歳の四肢麻痺の女性で,C3にASIAクラスのD病変を有していた。///外傷後,多量の発汗を経験し,それが寒さと夜間に悪化した。彼女はプロパンテリンを服用している限り、発汗は抑制されていると述べた。プロパンテリン療法を継続し,それ以上の発汗エピソードは生じなかった。

データソース:
MEDLINE検索を用いてレビューを含む関連文献を同定した。関連文献で参照されている標準テキストとテキストも調べた。

スタディ選択:
入手可能なすべての情報源をレビューした。

データの合成:
多汗症に対する全身療法の初期の症例報告では、抗コリン作用性の臭化メタンテリンの使用が報告されている。メサンテリンとエルゴロイドメシル酸塩の併用も先天性多汗症の治療に示唆された。発汗抑制薬の有効成分である塩化アルミニウムや塩化アルミニウムなど,多汗症に対する局所局所療法が試みられ,ある程度の成功を収めている。タルク,デンプン,およびその他の粉末は,過剰な汗を吸収することが示唆されている。ホルマリンやグルタルアルデヒドも使用されている。

プロパンテリン臭化物の外用は,手掌および足底の多汗症の治療に成功している。クロナゼパムは,片側性限局性多汗症の症例において成功的に使用されている。フェノキシベンザミンの全身投与はある程度の成功を収めており、メカミルアミン、アトロピン、プロポキシフェネル、メテナミンを用いた他の全身療法も試みられている。スコポラミンのパッチ剤も少数の患者に有効に使用されている。ジベナミン、ピペロキサン、フェントラミンなども使用されている。

プロパンテリンの全身投与も、SCIに伴う大量の発汗の治療に有効性があると考えられる薬剤として挙げられているが、主に有害作用および最小有効量への漸増の困難さのために推奨されなかった。しかしながら,プロパンテリンと他の薬物との直接比較の報告と同様に,SCI患者におけるプロパンテリンの使用に特異的な研究または症例報告は不足しているようである。

考察:
臭化プロパンテリンの多汗症に対する作用機序については、その作用は抗コリン作用/抗ムスカリン作用に起因することが十分に実証されている。神経因性膀胱の効果的な治療に用いられる用量では、臭化プロパンテリンも汗腺刺激に関与するムスカリン受容体を遮断するはずである。プロパンテリンは血液脳関門を通過しないため、通常の臨床用量では中枢神経系への有害作用は最小限に抑えるべきである。

結論:
偶発的に多量の発汗を経験するSCI患者の一部では、プロパンテリンの経口投与によりいくらかの症状緩和が得られ、実際には前述の症例のように忍容性が良好であると考えられる。加えて,プロパンテリンは,薬剤から二重の利益を得る可能性がある,過度の発汗と神経因性膀胱機能障害を有するSCI患者における良好な治療選択と思われる。

臭化プロパンテリンおよびコレスチラミンを錠剤またはカプセル剤として投与した場合のジゴキシンの生物学的利用能に対する影響の定常状態評価

J Clin Pharmacol. 1985 Jul-Aug;25(5):360-4.

薬物相互作用は、錠剤型のジゴキシンの吸収を大きく変化させる。本研究では,カプセル中のジゴキシン溶液,90%から100%の生物学的利用能を有する新剤形,がこのような変化,特にコレスチラミンとプロパンテリン臭化物に起因する変化を減少させるかどうかを評価した。

この研究では、健常成人18例を対象に、連続した二週間の治療期間中、六回の治療、定常状態、バランスのとれた不完全なブロックデザインを用いた。処置はジゴキシン錠0.25 mgを二錠、またはジゴキシンカプセル0.2 mgをプロパンテリン15mg、1日4回またはコレスチラミン8g、1日4回と単独で投与した。

生物学的利用能は定常状態の24時間血清中濃度‐時間曲線下面積(AUC,ng X h/mL)および0および24時間トラフ血清中ジゴキシン濃度(ng/mL)から測定した。錠剤単独,コレスチラミンと,及びプロパンテリンとのAUCは,それぞれ32.8+/-13.3(+/-SD),22.4+/-12.1,及び40.6+/-13.9であったが,カプセル剤の対応する値は31.7+/-9.3,24.7+/-7.9,及び35.9+/-12.8であった。///錠剤単独,コレスチラミンと,及びプロパンテリンとのトラフ濃度は,それぞれ0.88+/-0.47,0.61+/-0.38,及び1.09+/-0.35であった。カプセルのトラフ濃度はそれぞれ0.77+/-0.28、0.74+/-0.28、0.96+/-0.48であった。

AUCにおける唯一の有意差は,コレスチラミンの錠剤(Pより小さい。0005)およびプロパンテリンの錠剤(Pより小さい。01)と比較した場合に見られた。錠剤単独とコレスチラミンとの錠剤のトラフ濃度を比較した場合にも有意な所見が認められた。

多発性硬化症および排尿筋過反射の患者におけるオキシブチニン対プロパンテリン

J Urol. 1986 May;135(5):966-8.

反射亢進は多発性硬化症患者における最も一般的な泌尿器所見である。前向き無作為化試験を行い,2つの一般的に使用される薬剤,オキシブチニンとプロパンテリンの有効性を比較した。

試験に参加した34人の患者のうち、19人がオキシブチニンで、15人がプロパンテリンで治療された。泌尿器症状(頻尿、夜間頻尿、排尿躊躇、切迫性尿失禁)は重症度により0~3で等級分けした。///尿路感染症患者は除外した。膀胱内圧測定と筋電図からなる尿流動態検査を治療前に全患者で実施した。両群の患者は治療前の神経学的,泌尿器学的および尿力学的状態が同等であった。

オキシブチニンで治療された4人の患者(21%)およびプロパンテリンで治療された4人の患者(27%)では、治療を中止しなければならないほど重篤であった。オキシブチニンに対する症候性反応は、10例(67%)で良好、2例(13%)で中等度、3例(20%)で不良であった。プロパンテリンは,4人の患者(36%)で良好な症状結果を示し,1人(9%)では中等度,6人(55%)では不良であった。膀胱内圧測定での最大膀胱内圧測定容量の平均増加は,プロパンテリン群よりオキシブチニン群で有意に大きかった(144±115対35±101)。

著者らの結果は,オキシブチニンが多発性硬化症患者における排尿筋過反射の治療においてプロパンテリンよりも有効であることを示す。

医薬品試料中の臭化プロパンテリンを分析するための安定性指示プロトン核磁気共鳴分光法

Pharmazie. 2001 Sep;56(9):700-3.

プロパンテリン臭化物とその分解生成物であるキサンタン酸のバルク材料と錠剤中の同時定量分析のために,迅速,特異的かつ正確なプロトン核磁気共鳴(1H NMR)分光法を開発した。

内部標準として1,3,5‐トリニトロベンゼンを用い,分析試料の溶媒として重水素クロロホルムを用いた。プロパンテリンのメチンプロトン (5.09 ppm),キサンタン酸のメチンプロトン (4.99 ppm),内部標準物質の芳香族プロトン (9.39 ppm) のシグナルの積分値に基づいてプロパンテリン臭化物とキサンタン酸の量を計算した。

本法の精度は親化合物,その分解生成物及び内部標準物質を含む合成混合物の分析により確立した。分析結果と混合物中の種々の化合物の量との間に優れた一致が確認された。10種の合成混合物からのプロパンテリン臭化物とキサンタン酸の平均+/-SD回収値は,それぞれ99.6+/-0.8%と98.9+/-1.8%であった。10ロットの市販の臭化プロパンテリン錠剤の`1́H NMR分光法による分析は,薬物および分解物含量がそれぞれ97.1~99.8%および0.1~0.9%の範囲にあることを示した。

さらに,提案した分析法は,親化合物の濃度の0.1%以下の濃度での水性媒体中のプロパンテリン臭化物からのキサンタン酸の生成の検出に適していることが分かった。